ホワイトハットかブラックハットか

善意に基づいて行われるハッキングのことをホワイトハット、
逆に、悪意のハッキングをブラックハットと言うそうですが、

SEO(サーチエンジン最適化)においても、
ホワイトハットSEOとかブラックハットSEOとか言われます。

 

SEOの場合は、
スパム行為のないSEOがホワイトハットということみたいですが、

アフィリエイト目的でSEOをやれば、
基本ブラックというこになるのは間違いないですよね。

スパム行為かどうかは検索エンジンが決めることであって、
サイト運営者が決めることでもユーザーが決めることでもありません。

 

訪問ユーザーにとって、どんなに有益な情報を提供しても、
アフィリサイトだとなると、それだけでスパム判定を
食らうことだってあり得ますからね。(苦笑)

「スパム」とは、
ユーザーにとって迷惑なわけではなく、
検索エンジンにとって迷惑だからです。

 

自分はホワイトだ!と思っている人は要注意かもです。
だって、向いている先が間違っているからです。

アフィリエイターのすべきことは、
検索エンジンのためにサイトを作るのではなく、
ユーザーのためにサイトを作ることだと僕は思っています。

 

ユーザーにとってホワイトであっても、
有益な情報を多くの人に知って欲しくて
SEOのために自作自演のリンクを入れると
検索エンジンにとってはスパムだと言われちゃうのです。

 

もちろん、ブラックにも程度の問題はあると思います。
真っ黒けなのかグレーなのか。

ユーザーの為になることを提供するのなら、
検索エンジンにとって真っ黒けであっても、
それはそれでいいと思います。

超ブラックSEOで・・・

 

ちなみに、僕はコーヒーもチョコレートもブラック派です。(笑)

アフィリエイターのSEO力

アフィリエイターって、月に5,000円を稼いでない人もいれば、
1,000万円以上稼いでいる人もいますよね。

数年前は100万円稼げばスーパーアフィリエイターと言われてましたが、
今じゃアフィリエイトを職業とする専業アフィリエイターは、うじゃうじゃいて、
月に100万円稼いでいる人なんて全然珍しくないですよね。

もちろん、組織的にやっている人ではなくて、
個人アフィリエイターとしての話ですよ。

 

ところが、毎月3万円とか、30万円の壁を越えられないという人が
たくさんいるのも事実です。

 

その違いは何でしょうか?

Continue reading アフィリエイターのSEO力